勝手口側ベランダの天井に怪しい物発見!得体の知れない生物の巣

勝手口側ベランダの天井に怪しい物発見!得体の知れない生物の巣

Advertisement

きょうは、BLOG No.31です。よろしくお願いいたします。今日も私の脳が眠たいでしょ眠りましょと囁きかけてくるところを振り払い、できる良いことをやるだけと言う意識の行動を通して、”宇宙意識にある進化” すべてが良い方向に進化しますように・・・。

愛と調和を目指して!トラウマがシマウマへかわるかな~。シマウマが、一頭、二頭・・・。でも1っぴき、2ひきのほうがいい、かわいいかわいいRodyも可愛い・・・。自分は、自分が、行動力するしかないですもんね。トラウマによるメンタルブロックなどは、脳の現状維持機能と深いかかわりがあるんでしょうね。

セルフイメージを、高くしよう。モチベーションとは、何かはっきりさせて・・・。ネガティブがのちにポジティブへ変化。ネガティブは、小さい内に、ポジティブへ変化させるほうが、楽かも・・・。

勝手口側ベランダの天井に怪しい物発見!得体の知れない生物の巣

それでは、本題に入りますが、きょうは、”勝手口側ベランダの天井に怪しい物発見!得体の知れない生物の巣”です。
夏の暑つい日に、勝手口側のベランダを片付けようと思って、ベランダへ出てみました。最初はわからなかったのですが、片付けているうちに、ふと天井を見てみました、勝手口側ベランダの天井に怪しい物発見! 何だか、SF映画の洞窟でエイリアンの巣を発見したような感じでした。

ネズミ色のセメントで作られたような無機質な怪しい物発見!

ベランダの天井は、コンクリートで表面にガサガサする白っぽい肌色のものが塗られています。その天井の片隅にネズミ色の直径1cm長さ6cmぐらいの円筒状のお部屋が8部屋ぐらいありそうな気持ち悪い巣の様なものがありました。外見は、一見ネズミ色のセメントで作られたような無機質なものに見えましたが、中から恐ろしいものが急に出てきたらどうしょうという感じでした。

少し考えました。

これは、だいぶ前からセメントで、人間が作ったものなのかな? そんはずない、このまま放置出来ない、取り除こうと思いました。

少し長めの棒で、恐る恐るつつきました。すると少し硬かったですけど何回かつつくと崩れ落ちました。

特に生き物らしきものは、飛び出してこなかったですが、崩れ落ちたものを観察すると、円筒状のお部屋の崩れ落ち部分から、羽根の様ものが生えた黒い蜂の様なものがみえました。

小さな芋虫

その生き物の様なものは、動きませんでした。

つぎに別の円筒状のお部屋をつついて崩すと、中には、小さな芋虫がいて動いていました。ミツバチなどより大きな蜂の様なものの巣だったようでした。崩れ落ちバラバラになった巣を、掃除し片付けました。一件落着かなと思いきや・・・。

数週間後

数週間後、あれれ・・・。

なにこれ~。

また勝手口側のベランダの天井へ巣が作られていました。

同じようなものがまたいつの間にという感じでした。

全く同じ色の同じ形の同じ大きさのようなものです。

以前とは、少し離れた所に作られていました。以前そこには、なかった筈、ちゃんとその時、天井を辺り一帯見回した筈。

そうかまた作ったのか~。

今度は、スコップで剝ぎ取ろうとしましたが、崩れ落ちました。

やはり中には、同じような生き物が、入っていました。

掃除している最中に、黒い細長い大きな蜂が飛んできたので慌てて家の中に逃げました。

体長5cmぐらいかな。

危なかったと思いました。

しばらくするといなくなったので、掃除の再開、ほうき(箒)で掃わきスコップで虫が出てこないようにビニール袋の中に入れました。ビニール袋かじってでてくるのかな・・・。

 

何かの参考になれば幸いです。



ライフカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。