ベランダからバルーンが見えます💖不思議な感じ❢やすらぎます☻

ベランダからバルーンが見えます💖不思議な感じ❢やすらぎます☻

Advertisement

ベランダからバルーンが見えます💖不思議な感じ❢やすらぎます☻

バルーンが飛んでる飛んでる

みえるよみえるよルンルン🎶

と言われて、

ベランダへ見に行きましたすると、

遠くの方に小さな白いバルーンがひとつぽっかりと浮かんでいました。

そうですそうなんです。

飛んでるというより浮かんでいるそんな感じです。

Advertisement

ベランダからバルーンが見えます💖不思議な感じ❢やすらぎます☻

素晴らしい天気

きょうは、素晴らしい天気

太陽の光が降り注いで気持ちいいです。

さらにバルーンがやすらぎを演出してくれて

自分のこころが優しい空気に包まれ

ふんわりとポカポカと浮かんでいる気持ちいい

そんなイメージがあふれ出てきます。

バルーン不思議

バルーン不思議ですね。

袋に入っている空気を下からバーナーで加熱することによつて、

袋の中の空気が、袋の外の地表の空気より比重が軽くなり、

浮力を得て上昇し、

上空の空気の密度とバランスが取れたところで、

ふわふわと浮かんでいると思うのですが、

不思議ですね、それにかごをぶら下げて人間が乗っているのですからね。

上空の空気の流れ

上空の空気の流れは、変化している。

バルーン自体は、

上空へ登って降りてくることしかできないのに、

上空には、様々な空気の流れがあり、

それを上手に利用して、バルーン会場から飛んでいき、

あるものは北の方向へ、あるものは東の方向へ、

あるものは南の方向へ、あるものは西の方向へ、

様々な方向へ飛んで、高度も様々で浮かんでいるのですが、

ちゃんとバルーン会場まで帰って来れるので、不思議ですね。

凄い操作技術ですね。

上空からの景色は、素晴らしいだろなと思います。

地表から観ているものとしても、

様々な色とデザインのバルーンが遠い近いで大きさが変わり、

それが数え切れないほどのバルーンが、

上空に飛んでいる景色は、

最高素晴らしくあまり見れない光景なので面白いです。

Advertisement

パイロット免許

熱気球のパイロット免許は、どの様に?

日本では、国家免許はありませんが、国々で異なり、アメリカは、国家免許があるみたいですね。

国家免許はないですが、安全と技術の向上などのため、

航空スポーツ機関として、日本国内の気球愛好家によって結成されている日本気球連盟が”熱気球操縦士技能証”を発行しています。

熱気球操縦技能証(パイロットライセンス)取得手順には、

日本気球連盟に入会

講習会の受講

10回以上かつ10時間以上の同乗訓練飛行

筆記試験

実技試験

などがあります。

航空局に届け出

航空局に届け出?

飛行エリア、飛行時間など航空局に届け出を行うみたいです。

航空局は、届け出に基づき、ノータム(航空情報)を発行。

ノータムは気象情報とともに、航空機の運航に欠くことのできない重要な情報であり、パイロットは飛行前に確認しているそうです。

 

最後までご覧いただけてありがとうございます💖



ライフカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。