WordPress LionMedia バックアップ方法! プラグインBackWPup

WordPress LionMedia バックアップ方法! プラグインBackWPup

Advertisement

WordPress LionMedia バックアップ方法! プラグインBackWPup

大事なデータは、バックアップしたいのですが、自動でバックアップ出来るプラグインということでBackWPupでの方法についてBlogしたいと思います。

WordPress LionMedia バックアップ方法! プラグインBackWPup

プラグイン”BackWPup”のインストール

ダッシュボード > プラグイン > 新規登録 >

キーワード検索で ”BackWPup” と入力すると BackWPup – WordPress Backup Pluging が表示されます。 > 今すぐインストール

”BackWPup” の有効化

有効化します。

有効化すると、”BackWPup” というのが左側へ表示されます。

新規ジョブを追加

BackWPup > 新規ジョブを追加

ジョブの設定画面

ジョブの設定画面が表示されます。

ジョブの名前

ジョブの名前は、好きな名前で、わかりやすいもので良いと思います。

ジョブタスク

デフォルト設定で、次の3つがチェックされていると思いますが、確認します。

  データベースのバックアップ

  ファイルのバックアップ

  インストール済みプラグイン一覧

以上の3つにチェックが入っている状態にします。

アーカイブ形式

アーカイブ形式は、Windowsの場合、”Zip” を選択します。

Mac の場合は、”Tar GZip” もしくは ”Tar BZip2” を選択します。

ジョブの宛先

バックアップアップファイルの保存方法は、フォルダーへバックアップ にチェックします。

変更を保存

上記の設定が終わりましたら、”変更を保存” します。

スケジュールの設定

スケジュール > ジョブの開始方法は、WordPress の cron を選択します。

 

実行時間は、バックアップ時には、サーバーに負荷がかかりますので、アクセスの少ない時間帯が良いと思います。設定完了後は、”変更を保存” します。

DBバックアップ

バックアップするテーブルは、デフォルト設定のままで、すべてにチェックが入っています。

バックアップファイルの圧縮は、”GZip” にチェックします。

 

ファイル

テーマのバックアップ以外は、デフォルト設定のままにしています。

テーマのバックアップは、現在使っていないテーマを、除外するために、チェックを入れました。

変更が、完了しましたら、”変更を保存” をクリックします。

自動バックアップ設定完了

以上の設定で、スケジュール通り自動でバックアップされます。

それでは、スケジュールされたジョブの状態を見てみます。

BackWPup > ジョブ

下の画像は、今回のジョブを設定後、スケジュール通りにジョブが自動実行されてからの状態です。 次回の実行も予定されています。

Lion Media Backup の表示の周辺にカールを移動すると、下の画像の赤枠で示す部分が表示されます。 ”今すぐ実行” で直ぐに、バックアップすることも出来ます。

WordPress LionMedia BackWPup バックアップファイル ダウンロード

ダウンロード

サーバーには、バックアップされましたが、PC側には保存されていないので、PCへダウンロードします。

2つ上の画像の赤枠で示す、”ダウンロード” をクリックすると、バックアップされたファイルをダウンロードできます。

ダウンロードしたいファイルの表示された場所へカーソルを移動すると、”ダウンロード”が表示されますので、”ダウンロード” をクリックします。

ファイルを保存する > OK

保存

新しいフォルダーでわかりやすい名前のフォルダーを作って、ファイルの名前はそのままで保存しました。わかりやすい好きな場所へ、保存されると良いと思います。

保存“ をクリックします。

保存されたファイルの場所を開けて、ダウンロードされたzipファイルを右クリックして ”すべて展開” をクリックします。

私は、圧縮解凍フリーソフト ”LhaForge” を使っています。 解凍出来ない方は、インストールされると、良いと思います。 Vectorからダウンロードできます。

展開” をクリックします。

展開には、しばらく時間がかかると思います。

展開出来ました。このファイルがバックアップされたファイルです。

アップロード

FTPクライアントフリーソフト ”FFFTP” でアップロードできます。 ”FFFTP” はVectorからダウンロードできます。

参考になれば幸いです。



インターネットカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。