ポータブルハードディスク4GB超のファイル保存出来ない!

ポータブルハードディスク4GB超のファイル保存出来ない!

Advertisement

ポータブルハードディスク4GB超のファイル保存出来ない!

今回、保存データが増えてきて、既に使用しているポータブルハードディスクの保存容量がいつぱいになりそうなので、Transcend StoreJet 25M3 2TB をamazonより購入しました。 価格は9,780で送料無料でした。

今回、保存容量がいっぱいになりそうな、ポータブルハードディスクは、メーカーがHITACHIで、最初からNTFSに設定されていて、4GB超のファイルも無意識で保存されていたので、その後に購入したTranscend 1TBも無意識で使用していると、あれ!ファイルが大きいので保存出来ない!なにそれ? WindowsでもMacでも使用出来るように、FAT32に設定されていました。気が付いた時には、そのポータブルハードディスクにかなりファイルを保存していたので、保存ファイルを別の場所へ移動して、フォーマットし直すのは、面倒だつたので、そのままで使用していました。今回は最初から確認して使用したいと思います。

ポータブルハードディスク4GB超のファイル保存出来ない!

4GB超のファイルを保存出来ないない原因は、ファイルシステムの違いでした。

次にファイルシステムについて比較したいと思います。

ファイルシステムの比較

FAT32

Windows・Mac対応。

1ファイルの容量は最大4GBまで

NTFS

Windows対応。

1ファイルが4GB以上でも保存できます。

圧縮機能暗号化機能があります。

exFAT

Windows 10/8.1/ 8/ 7Mac対応。(下記の”Transcend ユーザーマニュアルより”を参照して下さい。)

1ファイルが4GB以上でも保存できます。

Transcend ユーザーマニュアルより

exFAT システム動作環境
Windows 7/8/8.1/10
MacOS 10.7以降(HFS+に再フォーマットが必要)
【HFS+ : Windowsからはアクセスできません。】
WindowsとMacOSの両方でStoreJetを利用する場合はexFATでフォーマットすることを
お勧めします。フォーマットを行うと保存されているデータは全て消去されますので注意
してください。

APFS

Macの新しいファイルシステム。

今回のファイルシステムの選択

NTFSかexFATを検討して、MacのファイルシステムはこれからAPFSへ切り替わって行く見たいなので今回は、WindowsとMacの両方で利用したいと思いましたが、NTFSを選択することにしました。

ファイルシステムの確認

ファイルシステムの確認は、PCを開きポータブルハードディスクの表示を右クリックして、次にプロパティをクリックします。

 

デフォルトは、NTFSでした。今回はこのまま使用することにします。

ファイルシステムのフォーマット

ファイルシステムを変更したい場合、フォーマットします。

フォーマットを行うと保存されているデータは全て消去されますので注意してください。
PCを開きポータブルハードディスクの表示を右クリックして、次にフォーマットをクリックします。

 

ファイルシステムの選択

変更したいファイルシステムを選択します。

アロケーションユニットサイズの設定

アロケーションユニットサイズは、標準のアロケーションサイズにします。

クイックフォーマットの選択

デフォルトのまま、クイックフォーマットにします。

開始

フォーマットによって、保存データは全て消去されます。

以上の設定が出来ましたら、”開始” をクリックします。

指示通りに進めるとフォーマットが完了します。

上記の確認をすると、フォーマットが変更されていると思います。

参考になれば幸いです。



インターネットカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。