ヨーガとは何か? 第3-2章 ヨーガ哲学の源② 内密の集まりで伝えられた奥義書『ウパニシャッド』💖ヨガ教師養成講座での学び💖

ヨーガとは何か? 第3-2章 ヨーガ哲学の源② 内密の集まりで伝えられた奥義書『ウパニシャッド』💖ヨガ教師養成講座での学び💖

Advertisement

ヨーガとは何か? 第3-2章 ヨーガ哲学の源② 内密の集まりで伝えられた奥義書『ウパニシャッド』💖ヨガ教師養成講座での学び💖

第3-2章 ヨーガ哲学の源②では、 現代にいたるまで何世代にもわたって、 インド人の考え方に影響を与えてきた思想の究極の源、 内密の集まりで伝えられた奥義書『ウパニシャッド』についてBlogします。

 

Advertisement

ヨーガとは何か? 第3-2章 ヨーガ哲学の源② 内密の集まりで伝えられた奥義書『ウパニシャッド』💖ヨガ教師養成講座での学び💖

『ウパニシャッド』は哲学と奥義

『ウパニシャッド』は哲学と奥義を記した一連の書物で、

紀元前1500年に成立しました。

それによると、

儀式を行ってもただ天国に行けるだけですが、

哲学を実修すれば、

天国と地獄を含めた現世の束縛から解き放たれるとされています。

内容は哲学的ですが、

物語という枠組みの中で語られている部分が多いのが、

『ウパニシャッド』の特徴です。

現代にいたるまで何世代にもわたって、

インド人の考え方に影響を与えてきた思想の究極の源なのです。

『ウパニシャッド』には、

非常に古いものが10作、

それよりほんの少し新しいものが6作あります。

どれも非常に重んじられており、

それを模倣した書物がいくつも作られ、

中にはヨーガだけをテーマにしたものもあります。

『ウパニシャッド』思想の主流は、 偏在する原理(ブラフマン)の概念

『ウパニシャッド』思想の主流は、

偏在する原理(ブラフマン)の概念です。

それは宇宙の根底にあり、

存在、 智慧、 歓喜を特徴としています。

この世のあらゆる生き物の体内にある魂なのです。

魂は現世の不幸に苦しみます。

自分の中に偏在する原理があることを知らない

それは自分の中に偏在する原理があることを知らないからです。

けれどもそのことを悟ることで、

現世の苦悩から解き放たれ、

真の自然な状態に戻るのです。

これは解脱と呼ばれ、 人生の最も高次の目標です。

解脱はインド哲学で認められている4つの目標の4番目です。

解脱はいったん成熟すれば永続

あとの3つ

義務・蓋財・愛欲 は人間の基本的性向を反映した世俗的な目標であり、

永続しないという欠点があります。

解脱はいったん成熟すれば永続するものですから、

哲学者はそちらをえらびます。

ヨーガの考え方も哲学者と同じです。

ヨーガにとってとくに重要なのは、

『カタ・ウパニシャッド』と『シュヴェターシュヴァタラ・ウパニシャッド』です。

『カタ・ウパニシャッド』

『カタ・ウパニシャッド』の哲学的な内容は、

死神と早熟で知りたがり屋の少年との会話で表され、

魂の本質と解脱について語られています。

教えの一部として、

少年はヨーガというテーマも教えられます。

『シュヴェターシュヴァタラ・ウパニシャッド』

『シュヴェターシュヴァタラ・ウパニシャッド』には、

ヨーガの概念と用語が詳しく述べられています。

ヨーガを実習するための場所の選び方、

瞑想に適した姿勢、 呼吸法、 実習の成功を示す徴候、

ハタ・ヨーガでいう永遠の生命という究極の目標など、

ヨーガのテーマがいくつか触れられています。

 

Yogaは、肉体的ストレッチのためのポーズにとどまらず、様々な呼吸法・瞑想などによる心のストレッチ・コントロール・波動調整などまだまだ未解明な効果が期待されます。
Yogaの叡智を意識して、アーサナをされることを、おすすめいたします。
ヨガについて幅広く意識されたい方は下記の参考文献をご覧ください。

💖💖💖

 

参考資料集

YIC日本語版・講義資料集 (1) YICとヨーガの必要性

ヨーガ本質と実践 シヴァーナンダ・ヨーガ・センター編 参調出版

ヨーガの哲学 ミラ・メータ著 木村慧心監修 参調出版

スピリチュアル・ヨーガ ディーパック・チョプラ著 角川書店

ヨーガとサーンキヤの思想 中村元選集 第24巻 春秋社

 

最後までご覧いただきありがとうございます💖💖💖

何かの参考になれば幸いです。



ヨーガカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。