筋肉といっても、人それぞれ質が違う!自分の願う筋肉欲しい

筋肉といっても、人それぞれ質が違う!自分の願う筋肉欲しい

Advertisement

きょうは、BLOG No.24です。よろしくお願いいたします。今日も私の脳が眠たいでしょ眠りましょと囁きかけてくるところを振り払い、できる良いことをやるだけと言う意識の行動を通して、”宇宙意識にある進化” すべてが良い方向に進化しますように・・・。愛と調和を目指して!トラウマがシマウマへかわるかな~。シマウマが、一頭、二頭・・・。でも1っぴき、2ひきのほうがいい、かわいいかわいいRodyも可愛い・・・。自分は、自分が、行動力するしかないですもんね。トラウマによるメンタルブロックなどは、脳の現状維持機能と深いかかわりがあるんでしょうね。セルフイメージを、高くしよう。

それでは、本題に入りますが、きょうは、”筋肉といっても、人それぞれ質が違う!自分の願う筋肉欲しい”です。筋肉は、骨格筋といって体全体、手や足を動かすときに使われる筋肉・平滑筋といって血管、胃や腸など内臓にある筋肉・心筋といって心臓を動かす筋肉があります。

筋肉のといっても、人それぞれ質が違います。焼肉やステーキで食べるお肉みたいに、何処何処産のお肉は、凄く柔らかくジュウシーで美味しいとか、何処何処産のお肉は、先ほどのお肉と比べると、何処そこが違うと言う具合に、筋肉も、違いがあります。更に、人それぞれ、自分の理想の筋肉に対する柔軟性・持久力・瞬発力などの性質や、スラット引き締まったくびれのあるスタイル・力強く引き締まったボディビルダーなどのうに外見に対する要求などが、違いますね。遺伝による筋肉の質の違いがあるみたいですが、ここでは記しません。自分のイメージする理想の筋肉に、少しでも近づけるには、どの様にすればいいのか考えたいと思います。

自分の願う筋肉にするには? 自分のイメージする理想の筋肉とはどんな感じかな、それに対して、効果的なトレーニングがあるみたいです。筋肉の構造は、筋線維というものが大部分を占め、その中に神経とか血管とかそれらを結合する組織などで構成されています。筋繊維には速筋繊維と遅筋繊維と中間的な性質を持つ筋線維があります。速筋は瞬発力のために必要であり、遅筋は持久力のために必要です。

持久トレーニングによって速筋線維は、遅筋線維に変わるらしいです。筋力トレーニングによって遅筋線維を、速筋線維に変えることができるかについては不明。しかしながら遅筋線維と速筋線維の中間的な性質を持つ筋線維にが変わるらしいです。ムキムキで太くなりやすい筋肉は速筋で遅筋は見た目が太くなりにくい筋肉です。

スラット引き締まった筋肉になりたければ、筋持久力トレーニング 負荷60% 反復20回 休憩1分。
ムキムキの筋肉になりたければ、筋肥大トレーニング  負荷75% 反復10回 休憩1分。
筋力アップトレーニング 負荷85% 反復5回 休憩3分。
神経系トレーニング 負荷95% 反復3回 休憩3分。
この様なトレーニング方法などがあります。何セットか行うと効果的みたいですね。持久力のあるスリムな引き締まった状態を目指すには、軽い負荷で、回数でトレーニングする感じですね。ムキムキを目指すには、10回ぐらい繰り返すことのできる少し重い負荷でトレーニングする感じですね。あと筋力アップ・反射的な運動能力を上げるには、回数でトレーニングする感じではなく、わりと重い負荷、この負荷でトレーニングする感じですね。

参考になれば幸いです。



ヨーガカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。