ゴームカ・アーサナ カッコ良く出来ないけど気持ちいい!

ゴームカ・アーサナ カッコ良く出来ないけど気持ちいい!

Advertisement

きょうは、BLOG No.17です。よろしくお願いいたします。今日も眠たいところ、できる良いことをやるだけと言う意識の行動をとうして、”宇宙意識にある進化” すべてが良い方向に進化しますように・・・。愛と調和を目指して!トラウマがシマウマへかわるかな~。シマウマが、一頭、二頭・・・。でも1っぴき、2ひきのほうがいい、かわいいかわいいRodyも可愛い・・・。

それでは、本題に入りますが、きょうは、”ゴームカ・アーサナ カッコ良く出来ないけど気持ちいい、格好なんてどうでもいいって感じ! そのうちきっと・・・。”です。 牛面のポーズです。からだが固いのでまだまだ完成形には、程遠いですけどね。痛気持ちいいアーサナを、ゆっくりとほどいて胡坐を組み背筋を伸ばして、目を閉じて、ゆっくりと呼吸するときの、からだ全身の感覚は、非常に解放されて気持ちいいです。このアーサナかなり、からだの固い私には、辛いです。足は痛い、腕も痛い、肩も痛い、上半身下半身同時にくるので、辛いですが、そこから解放されたときは、格別なものです。完成形でなくても気持ちいいです。そのうちきっと完成形へ・・・。このアーサナは、股関節周辺、肩周辺、肩甲骨、腕周辺、胸部などの、柔軟性が向上し、肩こりの緩和・腕の引き締め・骨盤矯正・お尻の引き締めなどの効能が期待できます。

先ず、このアーサナの組み方は、と言いたいとこですね。普通の方々は、柔らかいので、すぐに組み始めるかもしれませんが、私の場合は、先ず、アーサナを組むための、準備をします。先ず、胡坐の状態から右足を伸ばします、左足の指の間へ右手の指を入れて足首を回転させほぐします。反対方向にも回転させてほぐします。つぎに反対の足首も同様に行って下さい。つぎに右足側を内側にし胡坐になり、外側左足のひざへ左手を添えます。その時、前もってストレッチポールなどを、お尻の後ろに横方向に置いておき、坐骨をしっかり2つとも床につけ、背筋を伸ばして後ろ側へ倒れない様にストレッチポールへ右手を添え、左肘(ひじ)を曲げないで左膝(ひざ)を吐く息とともに、肩から腰をひねってねじ込み押さえ股関節を広げます。右股関節も足を組みなおして広げます。右足は外側です。次に、胡坐の状態で、左の指先を左肩へ添え、右の指先を右肩へ添え、両肘を正面で合わせて、ゆっくりと呼吸とともに、できるだけ指先は肩に添えたままで、両肘を上に回し、両肘は、離しながら、さらに下向きに回し両肘をあわせて、正面の元の位置へ戻ります。この動作を3回ほど行い、逆回転も3回ほど行い、肩と肩甲骨周りをほぐします。

ここから、ゴームカ・アーサナへ入ります。先ず、左足首内側の胡坐の状態から、左膝を正面方向へ回し、右足首を左太ももの上を横切り、左太ももの外側へ降ろし、太ももどうしを、キュツト締め付けます。右腕を背中の下から肘は下側で右手を上の方向へ伸ばします。左手は、肘が上側で背中に回し、出来れば右手とつなぎます。私はタオルを使ってつないでいます。呼吸は自然な呼吸で行います。しばらく保持してからゆっくりとほどいて、解放感を味わってから、左右反対に組みなおして、同様に行います。からだのかたい方など、痛すぎるとこまでしないで、痛気持ちいいぐらいで行って下さい。
ストレッチするときの注意事項として、少し痛いでも気持ちいい程度にして、痛すぎるところまでしない。また、強い反動をかけない、反復するときはやさしく慎重に行って下さい。過度のストレッチは身体を痛める場合があります。自己責任でお願いいたします。

参考になれば幸いです。



ヨーガカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。