ヨーガとは何か? 第3-3章 ヨーガ哲学の源③『バガヴァッド・ギーター』💖ヨガ教師養成講座での学び💖

ヨーガとは何か? 第3-3章 ヨーガ哲学の源③『バガヴァッド・ギーター』💖ヨガ教師養成講座での学び💖

Advertisement

ヨーガとは何か? 第3-3章 ヨーガ哲学の源③『バガヴァッド・ギーター』💖ヨガ教師養成講座での学び💖

第3-3章 ヨーガ哲学の源③では、 インドでもっともポピュラーな哲学書『バガヴァッド・ギーター』についてBlogします。

 

Advertisement

ヨーガとは何か? 第3-3章 ヨーガ哲学の源③『バガヴァッド・ギーター』💖ヨガ教師養成講座での学び💖

『バガヴァッド・ギーター』は、偉大な叙事詩『マハーバーラタ』の一部

『バガヴァッド・ギーター』は哲学好きのふつうの人のための書なので、

インドでもっともポピュラーな哲学書です。

18章にわたる700の経句で構成されているこの書物は、

もともと偉大な叙事詩『マハーバーラタ』(紀元前400~紀元後400年)の一部でした。

ですから、

この叙事詩の主題となっている大きな戦いを背景に書かれており、

クリシュナとアルジュナという2人の主人公が交わす会話の形になっています。

クリシュナはパーンダヴァ家の王子であるアルジュナの御者です。

パーンダヴァー族といとこ同士である

カウラヴァー族の間に戦いが始まろうとしています。

アルジュナは

差し迫った戦争で殺戮に加わることを思い、

憂鬱な気分でした。

そして自分は戦わないと宣言します。

彼の友人であり、 哲学者であり、 パーンダヴァ家の指南役でもある

クリシュナは、

なぜ彼が戦うべきなのか、

あらゆる理由を話します。

人は肉体を殺すことで魂を破壊することはない

なかでも、

人は肉体を殺すことで魂を破壊することはない

という議論は有名です。

最終的にアルジュナは戦士精神を取り戻すのです。

『バガヴァッド・ギーター』には、

私心のない行為、

実在の認識、

ヨーガ、

無私無欲の献身、

行いだけでなく思考でも禁欲することなど、

多くの大切な概念が出てきます。

すべてが宗教的成長の手段と考えられています。

ハタ・ヨーガの概念と一致

この書物のヨーガの説明の中で、

瞑想に適した座位の姿勢、

ヨーガ行者にとって理想的な日課と習慣、

瞑想の最高の状態、

心をコントロールする方法、

数回の転生を経たヨーガ修行の成熟などについて触れられています。

ヨーガ行者が呼吸法によって

意図的に必滅の肉体を離れるという話は、

『ウパニシャッド』の時代に始まった

ハタ・ヨーガの概念と一致しています。

 

Yogaは、肉体的ストレッチのためのポーズにとどまらず、様々な呼吸法・瞑想などによる心のストレッチ・コントロール・波動調整などまだまだ未解明な効果が期待されます。
Yogaの叡智を意識して、アーサナをされることを、おすすめいたします。
ヨガについて幅広く意識されたい方は下記の参考文献をご覧ください。

💖💖💖

 

参考資料集

YIC日本語版・講義資料集 (1) YICとヨーガの必要性

ヨーガ本質と実践 シヴァーナンダ・ヨーガ・センター編 参調出版

ヨーガの哲学 ミラ・メータ著 木村慧心監修 参調出版

スピリチュアル・ヨーガ ディーパック・チョプラ著 角川書店

ヨーガとサーンキヤの思想 中村元選集 第24巻 春秋社

 

最後までご覧いただきありがとうございます💖💖💖

何かの参考になれば幸いです。



ヨーガカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。