WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター_タイル化可能ぼかし(Tileable blur)💘GIMP使い方💖GIMP for Mac

WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター_タイル化可能ぼかし(Tileable blur)💘GIMP使い方💖GIMP for Mac





WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター_タイル化可能ぼかし(Tileable blur)💘GIMP使い方💖GIMP for Mac

 

タイル化可能ぼかし

(Tileable blur)篇です。

 

WordPressの記事投稿には、よく画像もアップロードすると思いますが、

 

その時に便利なツール、

無料の画像編集フリーソフト

 

GIMPでの

フィルター処理の

タイル化可能ぼかし

(Tileable blur)の使い方をご案内いたします。

 

今回は、パスを使って選択範囲を作成して、

タイル化可能ぼかし

(Tileable blur)処理を行ないます。

 

そして、最後に JPGにエクスポートします。

 

Macにて、ご案内いたしますが、Windowsもほぼ同じです。

 

WordPress-GIMP-Filters-Tileable-Blur

 




 

WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター_タイル化可能ぼかし(Tileable blur)💘GIMP使い方💖GIMP for Mac

 

GIMP で、クリエイトします。

GIMP for Mac インストールは、こちら。

GIMP for Windows もダウンロードできます

 

GIMPを起動

 

ファイル > レイヤーとして開く

 

ファイルの選択

ファイルを選択して、Open をクリックします。





パスの作成

ツール > パス

 

パス の 編集モード は、作成

 

左クリックするとパスのアンカーが作成されます。

 

画像の対象範囲の外側をクリックして

つなげてゆき

 

最後に、

最初のアンカー位置に戻り

”COMMANDキー”を押しながら

クリックすると接続します。

 

接続したら、

”エンターキー”で完了します。

 

パスを選択範囲に

”パスを選択範囲に” をクリックします。




選択範囲の反転

選択 > 選択範囲の反転

 

タイル化可能ぼかし(Tileable blur)

タイル化可能ぼかし処理のときは、

他のぼかし処理のときと違い、

選択範囲は無視されて、

レイヤー全選択で処理されましたので、

ぼかし処理したいレイヤーを

ぼかし処理したいレイヤーのすぐ上にコピーしました。

 

レイヤー操作パネルは、画面右下にあるとおもいます。

レイヤー操作パネルでレイヤーコピー・レイヤー移動・レイヤー表示非表示などの操作ができます。

 

コピーできましたら、

レイヤー > 透明部分 > アルファチャンネルの追加

のあと、

編集 > 消去

で、背景部を削除したレイヤーを作成しました。

 

背景が削除されたかの確認は、他のレイヤーを非表示にすると確認できます。

 

このレイヤーは、表示状態のまま、下のぼかし処理したいレイヤーをアクティブレイヤーにするため、

ぼかし処理したいレイヤーをクリックします。

 

準備が整いましたので、タイル化可能ぼかし処理を行ないます。

 

Filters > Blur > タイル化可能ぼかし

(フィルター > ぼかし > タイル化可能ぼかし)

 

 

タイル化可能ぼかし(Tileable blur) 設定について

半径の数値を調整します。

プレビューで確認しながら、調整することは出来ませんでした。

垂直ぼかし・水平ぼかしの項目があり、チェックされていると、それぞれの方向にぼかし処理されます。

ぼかしタイプに IIR と RLE の選択項目があります。

IIR (Infinite Impulse Response)
RLE(Run-Length Encoding)

IIRとRLEの効果の違いは、今回ほとんど感じられませんでした。

 

設定完了しましたら、OK をクリックすると、

処理されます。

 

ノンフィルター

 

 




 

default(初期設定値)

default
半径 : 5
垂直ぼかし
水平ぼかし
ぼかしタイプ : IIR

 

ぼかしタイプ : RLE

半径 : 5
垂直ぼかし
水平ぼかし
ぼかしタイプ : RLE

 

半径 : 15 , ぼかしタイプ : IIR

半径 : 15
垂直ぼかし
水平ぼかし
ぼかしタイプ : IIR

 

垂直ぼかし : OFF

半径 : 15

水平ぼかし
ぼかしタイプ : IIR

 

タイル化可能ぼかし

(Tileable blur)設定が完了しましたら、

OK をクリックします。

 




 

選択 > 選択を解除

選択を解除すると、選択範囲の点線がなくなり画像をチェックしやすいです。

 

選択範囲を残して置きたい場合は、メニューバーの表示から、選択範囲の表示をOFFにできます。

チェック後は、ONにすることをお忘れなくします。

 

 

名前を付けてエクスポート

ファイル > 名前を付けてエクスポート

jpgにエクスポート

ファイル形式の選択の左側の+マークをクリックします。

”JPEG画像” を選択します。

名前を設定します。

”エクスポート” をクリックします。

これで

画像のフィルター作業は、完了です。

 

このGimpで作成した、レイヤー・パスなどは、

ファイル > 名前付けて保存で、

.xcf ファイルとして保存できます。

 

.xcf ファイルとして保存すると、GIMPで開くと、

つづけて作業できます。





 

GIMP_Filters 一覧にもどる ▶

 

 

 

GIMP,タイル化可能ぼかし,フィルター,パス,Filters,Mac,WordPress,Tileable Blur



GIMPカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。