WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター_ガウスぼかし💘GIMP使い方💖GIMP for Mac

WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター_ガウスぼかし💘GIMP使い方💖GIMP for Mac





WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター_ガウスぼかし💘GIMP使い方💖GIMP for Mac

 

WordPressの記事投稿には、よく画像もアップロードすると思いますが、

 

その時に便利なツール、

無料の画像編集フリーソフト

 

GIMPでの

フィルター処理の

ガウスぼかし(Gaussian Blur)の使い方をご案内いたします。

 

今回は、パスを使って選択範囲を作成して、ガウスぼかし(Gaussian Blur)処理を行ないます。

 

そして、最後に JPGにエクスポートします。

 

Macにて、ご案内いたしますが、Windowsもほぼ同じです。

 

WordPress-GIMP-Filters-Gaussian-Blur




WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター_ガウスぼかし💘GIMP使い方💖GIMP for Mac

 

 

GIMP で、クリエイトします。


GIMP for Mac インストールは、こちら。

GIMP for Windows もダウンロードできます

 

GIMPを起動

 

ファイル > レイヤーとして開く

 

ファイルの選択

ファイルを選択して、Open をクリックします。

パスの作成

ツール > パス

 

パス の 編集モード は、作成

 

左クリックするとパスのアンカーが作成されます。

 

画像の対象範囲の外側をクリックして

つなげてゆき

 

最後に、

最初のアンカー位置に戻り

”COMMANDキー”を押しながら

クリックすると接続します。

 

接続したら、

”エンターキー”で完了します。

Advertisement

パスを選択範囲に

”パスを選択範囲に” をクリックします。

 

選択範囲の反転

選択 > 選択範囲の反転

 

Gaussian Blur(ガウスぼかし)

Filters  >  Blur >  Gaussian Blur

(フィルター > ぼかし > ガウスぼかし)

 

Gaussian Blur 設定

Size X の数値をプレビューで確認しながら、

調整します。

 

SizeY は、鎖マークが繋がっていると、

Size X と連動します。

 

設定が完了しましたら、

OK をクリックします。

Advertisement

 

選択 > 選択を解除

 

 

 

名前を付けてエクスポート

ファイル > 名前を付けてエクスポート

 

jpgにエクスポート

ファイル形式の選択の左側の+マークをクリックします。

”JPEG画像” を選択します。

名前を設定します。

”エクスポート” をクリックします。

これで

画像のフィルター作業は、完了です。

 

このGimpで作成した、レイヤー・パスなどは、

ファイル > 名前付けて保存で、

.xcf ファイルとして保存できます。

 

.xcf ファイルとして保存すると、GIMPで開くと、

つづけて作業できます。

 

 

GIMP_Filters 一覧にもどる ▶

 

 

 

GIMP,Gaussian Blur,フィルター,パス,ガウスぼかし,Filters,Mac,WordPress



GIMPカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。