Gimp plugin resynthesizer を Mac Boot Camp Windows10に導入してみました💖スマート消去テスト篇です💖はじめての簡単macデビューのmacの使い方💖

Gimp plugin resynthesizer を Mac Boot Camp Windows10に導入してみました💖スマート消去テスト篇です💖はじめての簡単macデビューのmacの使い方💖
Advertisement

Gimp plugin resynthesizer を Mac Boot Camp Windows10に導入してみました💖スマート消去テスト篇です💖はじめての簡単macデビューのmacの使い方💖

 

今回は、スマート消去テスト篇です。

画像のいらない部分を画像編集ソフトGIMPで消去するプラグインresynthesizer を Mac Boot Camp Windows10に導入してみました。早々、スマート消去テストを行ないました。導入後に画像のいらない部分を画像編集ソフトGIMPで消去するプラグインresynthesizer(スマート消去)のテスト結果を簡単にご案内いたしますので、これをご覧頂いてから、導入(インストール)を検討下さい。

version

Compiled Windows version: resynthesizer-for-Windows-0.13b.zip

Gimp-plugin-resynthesizer-test

Advertisement

 

Gimp plugin resynthesizer を Mac Boot Camp Windows10に導入してみました💖スマート消去テスト篇です💖はじめての簡単macデビューのmacの使い方💖

 

スマート消去テスト

 

パスでスマート消去したい部分を囲い込みます。

 

Smart remove selection

メニューバーより
Script-Fu > Enhance > Smart remove selection

Advertisement

Script-Fu:Smart remove selection

Radius to take texture from :100

《 テクスチャ(物の表面の質感)を取得する半径:100 》

デフォルトの100でテストしました。

OK をクリックします。

 

テスト結果は、こんな感じです。

resynthesizer(スマート消去)プラグインは、スマート消去したい部分の周辺に影響を受け、状況により変化するとおもいます。

 

resynthesizer(スマート消去)プラグイン以外の方法

画像消去をイメージして似たような箇所が画像の一部にあれば、選択範囲を、その適当箇所に移動して、可視部をコピーで、コピーして、元の位置に選択範囲をもどします。選択範囲を戻す方法として、パスから選択範囲ができますので、それを利用します。選択範囲が元の位置にもどれば、貼り付けで完了です。

 

移動アイコン

レイヤー以外に、選択範囲も移動できます。

Advertisement

「選択範囲を移動」をアイコンより選択

画像消去をイメージして似たような箇所を探し選択範囲を移動します。

 

編集 > 可視部分のコピー

 

選択 > パスを選択範囲に

Advertisement

編集 > 選択範囲に貼り付け

 

フローティングレイヤーを固定します。完了です💖

選択解除した状態です。

切れ目が気になる場所は、最後にぼかし処理されると良いのではと思います。

 

Gimp plugin resynthesizer ダウンロード&インストール

Gimp plugin resynthesizer を Mac Boot Camp Windows10に導入してみました💖導入(インストール)篇です💖はじめての簡単macデビューのmacの使い方💖

➡ https://yoga-momo8.com/freesoft/gimp/resynthesizer-plugin-install/
 

resynthesizer,Mac,GIMP,plugin,スマート消去



GIMPカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。