スポンサーリンク


💖GIMP for Mac💘💚カラーマッピング_ずらしマップ【Displace】続**19篇_Sampler:Nearest・Linear・Cubic・NoHalo・LoHalo💙

💖GIMP for Mac💘💚カラーマッピング_ずらしマップ【Displace】続**19篇_Sampler:Nearest・Linear・Cubic・NoHalo・LoHalo💙




文字(テキスト)変形でロゴ作成(デザイン)にイケてる💖GIMP for Mac💘GIMP_フィルター効果【Filters】💚カラーマッピング_ずらしマップ【Displace】続**19篇_Sampler:Nearest・Linear・Cubic・NoHalo・LoHalo💙WordPressなど画像編集におすすめGIMPの使い方

 

文字(テキスト)変形でロゴ作成(デザイン)にイケてるGIMPでの

フィルター処理【Filters】の

カラーマッピング【Map】 >

ずらしマップ【Displace】続**18篇_Aux2 Input_part3_Horizontal displacement【水平変位】 : -500.0のつづき、

ずらしマップ【Displace】続**19篇_Sampler:Nearest・Linear・Cubic・NoHalo・LoHalo_フィルター効果レポートです。

 

Photoshop無料代替GIMPは、

無料フォトレタッチ・ペイントソフトである

無料グラフィックツールです。

オープンソースで開発されていて、

画像編集・加工・ペイント・フィルター処理などを

高機能で行えます。

 

WordPressの記事投稿には、よく画像もアップロードすると思いますが、

 

その時に便利な画像編集ツール、

無料の画像編集フリーソフト

 

GIMPでの

フィルター処理の

カラーマッピング【Map】 >

ずらしマップ【Displace】での処理効果をご案内いたします。

 

Macにて、GIMPの使い方ご案内いたしますが、Windowsの操作もほぼ同じです。

 

macに画像編集Gimpのインストールする方法⬇

macに画像編集Gimpのインストールする方法💖はじめての簡単macデビューのmacの使い方💖AdobeのPhotoshop代わりのおすすめ人気無料フリーソフトGIMP💖

 

WordPress-GIMP-Filters-Map-Displace-続**19篇_Sampler:Nearest・Linear・Cubic・NoHalo・LoHalo




文字(テキスト)変形でロゴ作成(デザイン)にイケてる💖GIMP for Mac💘GIMP_フィルター効果【Filters】💚カラーマッピング_ずらしマップ【Displace】続**19篇_Sampler:Nearest・Linear・Cubic・NoHalo・LoHalo💙WordPressなど画像編集におすすめGIMPの使い方

 

ノンフィルター

 




前回 GIMP-【Displace(ずらしマップ)】続**18篇_Aux2 Input_part3_Horizontal displacement【水平変位】 : -500.0 ▶

Aux Input【補助入力】用レイヤーの作成

今回は、Aux Input へ”続**6篇_Aux Input_part2”以降で新たに作成した水平変位白黒のグラデーションレイヤーをドラッグ&ドロップ

新しいレイヤーの追加

ずらしマップ【Displace】したい画像を、GIMPで開きます。

次に、

レイヤー > 新しいレイヤーの追加 > OK
[ 塗りつぶし色 : Transparency(透明)]

Gradient【グラデーション】

ツール > 描画ツール > Gradient【グラデーション】
(Gradient アイコンからでもOK)

グラデーション
モード : Normal
Blend Color Space Perceptual RGB
形状 : 線形
Repeat : None(extend)
オフセット : 0.0
❎ディザリング
◼️Adaptive Supersampling
◼️Instant mode
◼️Modify active gradient

 

Adaptive Supersampling:
アダプティブスーパーサンプリング
「適応型スーパーサンプリング」は、一般には、画素が網掛けされているアンチエイリアシングの形態。

Instant mode:
インスタントモード
瞬間方式

Modify active gradient:
アクティブなグラデーションを変更する

 

ドラッグ&ドロップ

 

Aux2 Input【補助入力】用レイヤーの作成

今回は、Aux2 Input へ”続**15篇_Aux2 Input_part3_Vertical diaplacement【垂直変位】 : -315.0”以降で新たに作成した垂直変位白黒のグラデーションレイヤーをドラッグ&ドロップ

新しいレイヤーの追加

ずらしマップ【Displace】したい画像を、GIMPで開きます。

次に、

レイヤー > 新しいレイヤーの追加 > OK
[ 塗りつぶし色 : Transparency(透明)]

Gradient【グラデーション】

ツール > 描画ツール > Gradient【グラデーション】
(Gradient アイコンからでもOK)

グラデーション
モード : Normal
Blend Color Space Perceptual RGB
形状 : 線形
Repeat : None(extend)
オフセット : 0.0
❎ディザリング
◼️Adaptive Supersampling
◼️Instant mode
◼️Modify active gradient

 

Adaptive Supersampling:
アダプティブスーパーサンプリング
「適応型スーパーサンプリング」は、一般には、画素が網掛けされているアンチエイリアシングの形態。

Instant mode:
インスタントモード
瞬間方式

Modify active gradient:
アクティブなグラデーションを変更する

 

ドラッグ&ドロップ

 

グラデーションされたレイヤーの非表示

作成されたグラデーションされたレイヤーのレイヤー操作パネルの目のマークのアイコンをクリックして、非表示にします。

フィルターをかけたい画像をアクティブに

次に、フィルターをかけたい画像をレイヤー操作パネルでレイヤー名の部分をクリックして選択します。(レイヤー名の部分をクリックしてアクティブにします。)

 

Filters > Map > Displace

(フィルター > カラーマッピング > ずらしマップ【Displace】)

ずらしマップ処理_Aux Input【補助入力】

Aux Input には、水平変位用レイヤー

Aux2 Input には、垂直変位用レイヤー

今回は、Aux Input へ”続**6篇_Aux Input_part2”以降で新たに作成した水平変位白黒のグラデーションレイヤーをドラッグ&ドロップ

Aux2 Input には、”続**15篇_Aux2 Input_part3_Vertical diaplacement【垂直変位】 : -315.0”以降で新たに作成した垂直変位白黒のグラデーションレイヤーをドラッグ&ドロップ

① クリック
② ドラッグ&ドロップ(白黒のグラデーションレイヤー)

 Aux Input には、”続**6篇_Aux Input_part2”以降で新たに作成したレイヤーを使います。Aux2 Input には、”続**15篇_Aux2 Input_part3_Vertical diaplacement【垂直変位】 : -315.0”以降で新たに作成したレイヤーを使います。下の画像のグラデーションレイヤーとは、異なります。

③クリック

Aux Input ・Aux2 Input 両方にそれぞれのレイヤーをドラッグ&ドロップ

Sampler【サンプラー 】

:Nearest【最も近い】
:Linear【線形】
:Cubic【キュービック(立方体)】
:NoHalo
:LoHalo

ウィキペディアより
HALOとは
 光の輪が現れる大気光学現象
 銀河ハロー – 渦巻銀河の外周を取り巻く球状の領域。

それぞれ選択して、効果を確認してみます。

 

❎Aux Input【補助入力】
❎Aux2 Input【補助入力】
Displacement mode【 変位モード】 : Cartesian【デカルト】
Sampler【サンプラー

:Nearest【最も近い】
:Linear【線形】
:Cubic【キュービック(立方体)】
:NoHalo
:LoHalo

それぞれ選択して、効果を確認してみます。


Abyss policy【アビスポリシー 】: White
Horizontal displacement 【水平変位】: -500.0

Vertical diaplacement【垂直変位】 : 121.0
◼️Center displacement【中心変位
Center X
Center Y
❎プレビュー
◼️Split view【分割ビュー】

 

設定が、完了すれば、

フィルター処理

OKボタンをクリックします

 

Displace-ずらしマップフィルター処理された画像

Fairy Yoga Universe
*—⬇Displace-19

 

結論から言いますと、あまり良くわかりません。 Sampler設定を変えても、あまり変化がなかったので拡大してみました。 拡大して比べてみると、目元に変化が現れたり、クッキリと見えるものとぼんやりと見えるものがありました。

Filters > Map >

Map(カラーマッピング)一覧を開く ▶

Map(カラーマッピング)一覧より、様々なMap(カラーマッピング) 処理効果の記事に、リンクされていますのでクリックしてご覧ください。なおGIMP for macOS メニューバー日本語訳の記事ですけどリンク一覧が最後の方にあります。

GIMP_Filters >

GIMP_Filters 一覧にもどる ▶

GIMP_Filters 一覧より、様々なフィルター処理効果の記事に、リンクされていますので利用してご覧ください。なおGIMP for macOS メニューバー日本語訳の記事ですけどリンク一覧が最後の方にあります。上記の「GIMP_Filters 一覧にもどる」をクリックしてください。

GIMP for macOS メニューバーでFiltersのプルダウンメニューEnglishの日本語訳💖はじめての簡単macデビューのmacの使い方💖




GIMP-【Displace(ずらしマップ)】の TOP  ⬇

GIMP for Mac,フィルター,Displace,ずらしマップ,Gradient,グラデーション,Abyss policy,Clamp,Horizontal displacement,水平変位,Vertical diaplacement,垂直変位,Map,カラーマッピング,Filters,WordPress,Photoshop,無料フォトレタッチ,GIMP Filters Data,GIMPの使い方,文字(テキスト)変形でロゴ作成(デザイン)にイケてるGIMP,Nearest,Linear,Cubic,NoHalo,LoHalo


GIMPカテゴリの最新記事