スポンサーリンク


💖GIMP for Mac💘GIMP_フィルター効果(Filters)💚カラーマッピング(Map)_バンプマップ【Bump Map】続**9篇_タイル画像の作成💙

💖GIMP for Mac💘GIMP_フィルター効果(Filters)💚カラーマッピング(Map)_バンプマップ【Bump Map】続**9篇_タイル画像の作成💙




💖GIMP for Mac💘GIMP_フィルター効果(Filters)💚カラーマッピング(Map)_バンプマップ【Bump Map】続**9篇_タイル画像の作成💙WordPressなど画像編集におすすめ

GIMPでの

フィルター処理の

カラーマッピング(Map) >

バンプマップ【Bump Map】続**8篇_❎Invert【反転】のつづき、

バンプマップ【Bump Map】続**9篇_タイル画像の作成_フィルター効果レポートです。

Photoshop無料代替GIMPは、

無料フォトレタッチ・ペイントソフトである

無料グラフィックツールです。

オープンソースで開発されていて、

画像編集・加工・ペイント・フィルター処理などを

高機能で行えます。

WordPressの記事投稿には、よく画像もアップロードすると思いますが、

その時に便利な画像編集ツール、

無料の画像編集フリーソフト

GIMPでの

フィルター処理の

カラーマッピング(Map) >

バンプマップ【Bump Map】での処理効果をご案内いたします。

Macにて、ご案内いたしますが、Windowsの操作もほぼ同じです。

macに画像編集Gimpのインストールする方法⬇

macに画像編集Gimpのインストールする方法💖はじめての簡単macデビューのmacの使い方💖AdobeのPhotoshop代わりのおすすめ人気無料フリーソフトGIMP💖

WordPress-GIMP-Filters-Map-Bump-Map-続**9篇_タイル画像の作成




目次

💖GIMP for Mac💘GIMP_フィルター効果(Filters)💚カラーマッピング(Map)_バンプマップ【Bump Map】続**9篇_タイル画像の作成💙WordPressなど画像編集におすすめ

ノンフィルター




前回 GIMP-【Bump Map(バンプマップ)】続**8篇_❎Invert【反転】 ▶

タイル画像の作成

Gimpで開く

Bump Mapしたい画像をGIMPで開きます。
画像を右クリック > このアプリケーションで開く > GIMP

新しいレイヤー追加

レイヤー > 新しいレイヤーを追加 > OK
[ 塗りつぶし色 : Transparency(透明)]

背景色塗りつぶし

ツール > 描画ツール > 塗りつぶし

背景に白を塗りつぶし
①背景色アイコン
背景色の変更
HTML表記に”W”を入力 > whiteを選択 > OK

②背景色にマーク
選択 > すべて選択
画像の選択部分をクリックすると、背景色が選択部分に塗りつぶされます。

描画色塗りつぶし

ツール > 選択 > 矩形選択
モード : 新規作成
❎角を丸める
◼️中央から拡げる
◼️Fixed

外側からスキマを開けて、左上から右下へドラッグ&ドロップ

次に、描画色を塗りつぶします。
③描画色アイコン
描画色の変更にて、描画色を選択
⑤塗りつぶしアイコン
④描画色にマーク
画像の選択部分をクリックすると、描画色が矩形選択部分に塗りつぶされます。

拡大・縮小

選択 > すべて選択

ツール > 変形ツール > 拡大・縮小

px > percent

幅 : 20.
高さ : 20.

縦横5個並べるために、5分の1=20%にしました。

“拡大・縮小” をクリック

縦横5個並べます

Filters > Map > 並べる

px > %

幅 : 500.
高さ : 500.

◼️新しい画像を作成する

先ほど、5分の1にしましたので、5倍=500%にして、元のサイズに戻します。

“OK” をクリック

フローティングレイヤー固定

“フローティングレイヤーを固定します”をクリック

Filters > Map > Bump Map

(フィルター > カラーマッピング > バンプマップ【Bump Map】)

バンプマップ処理_Aux Input【補助入力】

① クリック
② ドラッグ&ドロップ

Depth【深さ】 : 65

❎Aux Input【補助入力】
Type : Linear【線形】
❎Compensate【補正】
◼️Invert【反転】
◼️Tiled【タイル張り】
Azimuth【方位角】 : 135.0
Elevation【高度】 : 45.0
Depth【深さ】 : 65
Offset X : 0
Offset Y : 0
Waterlevel【水位】 : 0.0
Ambient lighting factor【周囲照明係数】 : 0.0
❎プレビュー
◼️Split view【分割ビュー】

設定が、完了すれば、

フィルター処理

OKボタンをクリックします。

“このレイヤーを1段下(背面)に移動します”をクリック

Bump Mapしたい画像の選択

Bump Mapしたい画像のレイヤーをクリックして選択します。

Filters > Map > Bump Map

① クリック
② ドラッグ&ドロップ

Depth【深さ】 : 65

❎Aux Input【補助入力】
Type : Linear【線形】
❎Compensate【補正】
◼️Invert【反転】
◼️Tiled【タイル張り】
Azimuth【方位角】 : 135.0
Elevation【高度】 : 45.0
Depth【深さ】 : 65
Offset X : 0
Offset Y : 0
Waterlevel【水位】 : 0.0
Ambient lighting factor【周囲照明係数】 : 0.0
❎プレビュー
◼️Split view【分割ビュー】

設定が、完了すれば、

フィルター処理

OKボタンをクリックします。

Bump Map-バンプマップフィルター処理された画像

Fairy Yoga Universe
*—⬇Bump Map-9

次回、続**10篇_+ガウスぼかし【Gaussian Blur】タイル画像の作成 です。

続きます。

つづき ▶

Filters > Artistic > ・ Filters > Decor >

Artistic and Decor(芸術的効果・装飾)一覧を開く ▶

Artistic and Decor(芸術的効果・装飾)一覧より、様々なArtistic(芸術的効果)・Decor(装飾) 処理効果の記事に、リンクされていますのでクリックしてご覧ください。なおGIMP for macOS メニューバー日本語訳の記事ですけどリンク一覧が最後の方にあります。

GIMP_Filters >

GIMP_Filters 一覧にもどる ▶

GIMP_Filters 一覧より、様々なフィルター処理効果の記事に、リンクされていますので利用してご覧ください。なおGIMP for macOS メニューバー日本語訳の記事ですけどリンク一覧が最後の方にあります。上記の「GIMP_Filters 一覧にもどる」をクリックしてください。

GIMP for macOS メニューバーでFiltersのプルダウンメニューEnglishの日本語訳💖はじめての簡単macデビューのmacの使い方💖




GIMP-【Bump Map(バンプマップ)】の TOP  ⬇

次回 ”GIMP-【Bump Map(バンプマップ)】続**10篇_+ガウスぼかし【Gaussian Blur】タイル画像の作成

GIMP for Mac,フィルター,Bump Map,バンプマップ,Type,Linear,線形,Compensate,補正,タイル画像,Map,カラーマッピング,Filters,WordPress,Photoshop,無料フォトレタッチ,GIMP Filters Data


GIMPカテゴリの最新記事