GIMP💙WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター(Filters)_照明と投影(Light and Shadow)_ドロップシャドウ【Drop Shadow】続**4篇💘GIMP_Filters効果💖GIMP for Mac

GIMP💙WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター(Filters)_照明と投影(Light and Shadow)_ドロップシャドウ【Drop Shadow】続**4篇💘GIMP_Filters効果💖GIMP for Mac




GIMP💙WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター(Filters)_照明と投影(Light and Shadow)_ドロップシャドウ【Drop Shadow】続**4篇💘GIMP_Filters効果💖GIMP for Mac

 

照明と投影(Light and Shadow) >

ドロップシャドウ

【Drop Shadow】続**3篇のつづき、続**4篇です。

 

Photoshop無料代替GIMPは、

無料フォトレタッチ・ペイントソフトである

無料グラフィックツールです。

オープンソースで開発されていて、

画像編集・加工・ペイント・フィルター処理などを

高機能で行えます。

 

WordPressの記事投稿には、よく画像もアップロードすると思いますが、

 

その時に便利な画像編集ツール、

無料の画像編集フリーソフト

 

GIMPでの

フィルター処理の

照明と投影(Light and Shadow) >

ドロップシャドウ【Drop Shadow】での処理効果をご案内いたします。

 

Macにて、ご案内いたしますが、Windowsの操作もほぼ同じです。

 

WordPress-GIMP-Filters-Light and Shadow-Drop Shadow




GIMP💙WordPress画像編集に使えるGIMPフィルター(Filters)_照明と投影(Light and Shadow)_ドロップシャドウ【Drop Shadow】続**4篇💘GIMP_Filters効果💖GIMP for Mac

 

Filters > Light and Shadow > Drop Shadow

(フィルター > 照明と投影 > ドロップシャドウ【Drop Shadow】)

 

ノンフィルター

 




 

フィルター処理したい画像に前準備

ドロップシャドウ(Drop Shadow)は、

フィルター処理したい画像に前準備をします。

レイヤー > 透明部分 > アルファチャンネルの追加

画像の輪郭を選択し、

画像の外側部分を消去して、

画像の外側部分を

選択範囲にしている状態で

フィルター処理をすると、

フィルター効果を得ることが出来ます。

 

Drop Shadow【ドロップシャドウ】 処理後

前回のつづき、です。

前回へ、もどる ▶

 

Blur radius : 10.0 Opacity : 2.0

X : -100.0
Y : 50.0
Blur radius : 10.0
Color : fab907
Opacity : 2.0

 

ノンフィルターの画像に重ねた画像

 

Opacity : 0.3

X : -100.0
Y : 50.0
Blur radius : 10.0
Color : fab907
Opacity : 0.3

 

ノンフィルターの画像に重ねた画像

 

 

 

ドロップシャドウ(Drop Shadow)の TOPにもどる ▶

 

 

 

GIMP_Filters 一覧にもどる ▶

 




 

 

 

 

 

GIMP,フィルター,Drop Shadow,ドロップシャドウ,Light and Shadow,照明と投影,Mac,Filters,WordPress,Photoshop,無料フォトレタッチ



GIMPカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。